64blog のすべての投稿

Futon Room / 和室#02

ツインの和室になる予定です。床の間付き。
This is the Japanese-style (Tatami) Twin room with the traditional alcove.
100_6567.jpg


Futon Room / 和室#01

3人部屋です。半分が洋室、半分が和室の和洋折衷型になる予定です。
This is the Triple room, which half part is Japanese-syle Tatami room, half part is Western-style.
Please enjoy the compromise between East and West!
100_6565.jpg


Western Bedroom / 洋室#02

ツインの洋室です。バルコニー付きです。まだ閑散としています。
This is the Western-style Twin room with the balcony.
Don’t miss how nice this room will be coming up!
100_6572.jpg
100_6571.jpg


仮撮影

まだまだ成長段階のHOSTEL64ですが、一体どんなホテルなの?という声にお応えすべく、工事の合間を縫って撮影して参りました。ロビーや宿泊室など、こだわりのインテリアを徐々にUPしていきます。ついに64の全貌が明らかに・・!?(やまもと)

R0011070.JPG


Appeared in News paper / 掲載*なんば経済新聞

Hostel 64 Osaka (ホステル ロクヨン オオサカ)の記事がなんば経済新聞に掲載されました。
HOSTEL 64 Osaka appeared in the web-based news. Check out the article! (Japanese only)
http://namba.keizai.biz/headline/1160/
ヤフーニュースのページは以下です。
This is the articel on Yahoo News (Japanese only).
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100129-00000014-minkei-l27


バジェットな料金、それでいてオシャレな宿

デザインホテル、客室に露天風呂のある旅館、そして地産地消を謳うオーベルジュ。たしかに憧れの宿は増えました。が、値段も憧れのモノばかりで、フツーの人はそう気軽に泊まれません。そこで現実的な価格帯で他を探すものの、今度はセンスのかけらも感じられないモノばかり。「そこそこの値段で、それなりの満足感ある宿ってないの!?」そんな思いから、アートアンドクラフトの社訓「ないなら自分たちで作ってしまえ!」で始まったのがこのプロジェクト。だから、「一泊ひとり当たり5,000 円前後で」「それでいてオシャレー」というお題が前提です。レストランはなくていいが、健康的な朝ゴハンは欲しい。バスルームはそれぞれの部屋になく共同でいいんじゃないの。その分、アートアンドクラフトなんだから、家のリビングのような落ち着くロビーにしよう。部屋はシンプルでいいけど、インテリアや家具にはこだわりたい、などなど。アイデアはどんどん膨らんでゆきました。