Let’s join us to countdown for new year 2011!

According to the weather focus, it will snow tonight in Osaka!
Depressed, or excited !? I am a little excited with it!

However, it will be harsh to spend for long outside for new year’s eve festival in shrines.
If you give it up, why not join us for the countdown here at HOSTEL 64 Osaka!

We will prepare something special for tonight.
Drink a lot and have fun with us!

The cafe&bar 64 opens from
3:00pm to 11:00pm ( to 1:00am tonight, tomorrow)
as usual even during the new year’s days.

http://www.hostel64.com/bar/index.html


cafe&bar 年末年始も営業しています

2010年も今日で最後ですね。
大晦日ですが、ロクヨンのcafe&barは
本日も営業しております。しかも深夜1時まで!
宿泊ゲストもバーのお客さんもみんなで
カウントダウンしましょう~~カラオケ
IMGP2141.JPG
先日のロビーの様子。日が暮れるのが早いせいか、寒いせいか、早めに帰ってきて
お酒を飲みながらロビーでゆっくりくつろぐゲストがこの頃多いです。

今晩、大阪地方は雪の予報ですが、そんな中いらっしゃって
くださった方にはちょっとしたものご用意してますので
ぜひ初詣のその前にお立ち寄りくださ~い。
それではみなさまよいお年を!
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします。
==========
transit cafe&bar 64
年末年始も通常通り営業しております
open 15:00 – 23:00 (金・土 -25:00)
==========


大きな木

大きなもの、時代をこえて存在し続けるものに畏敬の念を感じ、それを見るために私は旅に出る。
この夏に訪れたカリフォルニアはこの世界一大きな木”General Sherman”を見るのが目的だった。
IMG_4961.jpg
Branch
セコイヤの一種で、杉の仲間。しかし、高さ約84メートル、幹の太さは根元が直径11メートル、
一周すると32メートル。数年前に落下した枝の太さは2メートルという桁外れの大きさ。
建材としてジャイアントセコイアは不向きで、それで開拓時代の大規模な伐採から逃れたそう。
IMG_4965.JPG
Trunk
この木の前に立つと、存在の大きさに圧倒され、自分が小人のように思え、なぜなのか、安心感に包まれる。
その場にいた数十分間は、今でも不思議な感覚として残り続けている。
数年前に訪れた、屋久島の縄文杉にも同じような印象を受けた。
旅に出たとき、楽しかった経験と共に、なにか不思議で畏敬を感じれることは、旅の醍醐味だと思う。
このセコイヤがあるアメリカの国立公園は木の近くまで車で行くことができる。
公園内に入るには20ドルの入園料が必要で、公園内の管理に使われている。
しかし、自分の足で3時間半かけてたどり着いた屋久島の縄文杉は
それが現れた瞬間は格別のものであった。
両大木ともに周囲には根を踏まないように柵がある。
年間10万人以上の登山者が訪れる屋久島、来年からは入山規制も予定されている。
観光が発展することはいいのだが、自然の中に沢山の人が入ると、そのものの維持と、
し尿の問題などが発生する。
因みに富士山の年間登山者数は約30万人。登山者の渋滞も起きる。
夜間は暗闇の中にヘッドライトの灯りでさながら、黄泉の路へ向かう魂の行列のようである。
私の旅の目的は一個人として味わって良いものなのか、30万人の1人として想う。
エコツーリズムという言葉が認知されているが、人が旅をするとき、自然への関わり方とルールを知り、
謙虚に接すことが、旅のモラルなのではないかと思う。
しかし楽しみたい。
【セコイア・キングスキャニオン国立公園 の行き方】
ロサンゼルスよりツアーもしくはレンタカーにて約5時間。近くにはコンドミニアムやホテルもある。
公園内はバスも走っており、ハイキングも楽しめる。冬はスノーシューハイキングもGood。
http://www.nps.gov/seki/index.htm (English)
(kn5)


Ski trip Japan! (To Niseko Hokkaido)

Niseko is one of the biggest ski ground in Japan.
The powder snow around you makes you ski or snowboard bum!
From Kansai, it is better to take an air plane to there.
And also if you hold a JR pass, then go to Tokyo and air to Hokkaido because there are cheaper tickets compared to from Osaka.
Some nice tours including accommodation are available at Niseko Ski Tour

Niseko Information
Niseko Art Information


        Also Good information from Kansai Scene

 It’s time to go riding !!

(kn5)


Tadao Ando Works

Osakan famous architecture Tadao Ando  
Characteristics of his work include large expanses of unadorned architectural concrete walls combined with wooden or stone floors and large windows. Active natural elements, like sun, rain, and wind are a distinctive inclusion to his style. (from his website)


He has been designing many notable buildings such as

 

Those buildings are north side of Osaka,takes 20 minutes by JR line.
(Less than an hour from HOSTEL 64 Osaka)
 
Naoshima Chichu Art Museum is one of the great museum with nature of Seto inland sea.
Many guests went there while the Setouchi International Art Festival 2010.

(kn5)


HUGE 最新号に紹介されました

ハイエンドスタイルマガジン「HUGE」(講談社)2011年2月号に
ホステルロクヨンオオサカが紹介されました!
huge.jpg
特集:MY HOMETOWN やっぱり地元がいちばん!!
————————————
NEW STAY 日本各地で生まれた新しい宿のカタチ
・・・
ゲストが集まるロビーには、使いこまれた家具、
“日本と大阪”をテーマに集められた写真集や
マンガが並ぶ本棚などがあり、まるで友人の家
を訪れたような感覚。そのアットホームさが
ゲスト同士のコミュニケーションに拍車をかける。
・・・
(本文より抜粋)
————————————
京都の9h(ナインアワーズ)さんや東京の
KANGAROO HOTEL(カンガルーホテル)さんと一緒に紹介
してくださいました。どちらも一度は泊ってみたいお宿です。
他にも、日本各地の、秘密にしておきたくなりそうな素敵なお店が
たくさん紹介されています。お手に取ってみてください!


HATSU-MOUDE —a Japanese New Year’s custom

Many Japanese people visit a shrine during the first three days of January 

in order to make traditional New Year’s wishes for health and happiness.
Some people take OMIKUJI there, a kind of fortune telling paper.

It is also common to visit a shrine at midnight on New Year’s Eve, 
31st December, because you can listen to a bell ringing to announce the New Year, 
and also makea wish as soon as the date is changed to 1st January next year.
In a large shrine, there are lots of stalls for foods, drinks and charms, 
so it is like a festival in a way.



Here are some options you have in Osaka-city.
(sorry all the sites are Japanese only)

one of the biggest shrine in Osaka city.
more than 2million people visit this traditional place for Hatsu-moude.

also one of the biggests in Osaka city, famous for Tenjin festival.
close to the longest shopping street Tenjinnbashi-suji Shotengai.

near to the hostel, within walking distance.
interesting event will be held on the eve  >>details


Another custom, we eat SOBA; Japanese noodle made of buckwheat 
on New Year’s eve, wishing to live a long healthy life like the noodle.

Please ask us at the front desk if you are interested in 
how to spend days and nights around New Year’s day 😉

(mineko)

岡本太郎の大阪

NHKで岡本太郎のドキュメンタリーを見ました。
大阪での氏の作品といえば”太陽の塔”
The Tower of the Sun
img_1139131_22706725_9.jpg
モノレールで万博記念公園に近づくと、窓からそのパワフルな塔が見えてきます。
何度行っても、公園の森の中から動き出しそうな迫力に圧倒されます。
公園内で1970年の大阪万博から数少なく残っているもののひとつ。
「嫌われものであれ」という言葉を残した氏。当時は賛否両論だったものが、
大阪のランドマークとして残っています。
私は裏の黒い太陽が描かれているのが、太陽の塔の意味を奥深くしているようで、
裏に回って必ず眺めます。
ところで今日はクリスマスイブイブ。
万博公園ではこんなイベントもやっています。
http://park.expo70.or.jp/event_detail.html?id=409
聖夜のイルミネーションに映る塔。不思議な感じです。
こんな大阪観光どうですか。ロクヨンで販売しております。
Osaka field trip
d design travel


(kn5)


Meets Regional 1月号に紹介されました

Meets Regional ミーツ・リージョナル京阪神エルマガジン社)の
2011年1月号にホステルロクヨンオオサカが紹介されました!
meets.jpg
特集:2010年心底惚れた店と、2011年を熱くする店。 ベストヒット100
——
大阪一のホステル。
築45年のオフィスビル、その内装や間取りを最大限に生かして、
古建具や調度でジャパネスクをまぶしたリノベーションで話題の
[HOSTEL 64 Osaka]。—(中略)—
(バーラウンジは)宿泊客以外にも開放されているため、
旅行者、スタッフ、一見の飲み客までが入り乱れて、
そこかしこで即席の異文化交流が実現。言わば国際線の出発ロビー
のようなトランジット感覚、高揚感が共有されている。
コスモポリタンな味がするこの宿のみ、泊らざる大阪人もぜひ。
(本文より)
——
まだ店頭に並んでいます。
ぜひお手にとってご覧ください!


What to eat in Osaka (1) –Okonomi, Takoyaki, Kushikatsu

Food is one of the most important things in traveling,
especially here in Osaka.
Osaka is called Kuidaore town ; Kui = eat, Daore = fall down.
You’ll know the meaning once you come here.

Here are some local foods that you must try in Osaka.

OKONOMI, OKONOMI-YAKI
This is like a pancake, but not sweet. It contains chopped cabbage
and usually pork or seafood, and special sauce is put on it.
It is served on  a cast-iron plate just in front of you so that you can
always enjoy the hot hot Okonomi.
options: Modern-yaki (with fried noodle within Okonomi), Negi-yaki (green onions take place in cabbage and soy sauce is put on)

TAKOYAKI
Octopus ball is its English name. It is a small ball made with flour and
boiled octopus is inside of it. Served with Special sauce and some Japanese flavor on.
Go to Dotonbori area, and you’ll find many stalls that sell Takoyaki.

KUSHIKATSU
A stick of bite-sized meats, veges and anything, deep-fried in batter.
Put it in a pod of sauce in front of you, here DON’T put it twice in the
sauce as it is shared with other customers.
For Kushikatsu, the best place is Shinsekai area.

With a bottle of beer and one of these, it’s not too much to call it a great day.

(mineko)